チヌ釣り・カメジャコ専科

カメジャコで釣ったチヌ・マダイ・キビレ・ヘダイ等の釣果を記録していきます。

2月20日 浦ノ内

カメジャコを2件、発送して余ったカメジャコを持って浦ノ内へ。

所々にチヌは見え隠れしているけれど、数は少ない。

2箇所廻って1バラし後、なんとか1枚上げて撤収。風もなく、気温は12℃であった。


f:id:turikitikun1977:20200220181218j:image

サイズは40cmジャスト。

先日卸したシーバスロッドでの初チヌ。

ちょっと硬いので面白味は少なかったかな?

でも夏のヘダイ狙いの時に活躍してくれそうな感触であった。

明日は休みだが…どうしようかな…?

 

 

 

 

2月16日 筏用リール分解

先日の宇和島釣行で使用している黒鯛工房のアスリート・レーサー65-TGの調子が更に悪化した。

前回の分解でギヤの歯が欠けてそれが噛み込んでハンドルが引っ掛かっていたのが確認出来て、破片を除去して騙し騙しの使用であった。

それが悪かったのかは定かでは無いが…


f:id:turikitikun1977:20200216164134j:image

分解してみると新たに歯の欠けた部分と破片が確認できた。

…限界か…?

 

 

2月14日 宇和島 団子掛かり釣り

今日は宇和島でチヌ掛かり釣りだ。

狙いはあくまでもチヌ!

前回の宇和島釣行より湾奥で浅い場所を探してみる。

魚探で水深だけをみて湾内をウロウロすると、サビサビの養殖コワリが有ったのでここにした。隣のコワリは現役バリバリの感じなのでマダイは鉄板だろうと予測した。水深は35mと少しだけ浅い。

前置き長くなったけど、釣果写真。

 

f:id:turikitikun1977:20200215012331j:plain



チヌは45cmと46cmであった。

マダイは40cm〜55cmまでで12匹

3号のフロロカーボンが5回程、ラインブレイクした。これは糸を全く出さずに上げちゃる!と強引にやり取りした結果。エラとかで切れるのかな?

マダイの入れ食いタイムだったので気にしなかったけど、贅沢な話かもしれない。

チヌでは無いと確信があったのでゴリゴリ巻いて早く次の勝負をしたかったからだ。

写真のチヌは最初の2投連続で団子を打たずシンカー3.5gで底に着けたら前アタリなんてなく、穂先が舞い込んだ。

今日は頂いた!と思ったけれどその後にチヌは釣れず、マダイのみ。

何これ?団子でチヌを寄せるんじゃないの?

 

2月10日 居酒屋でのランチ

職場の先輩方に、最近ガシラが釣れるんですと話しをしたら、居酒屋に売ってこいよと言われて、先輩方が昼食へ良く行くお店に連れて行かれた。

買い取りしてます!との返事でしたが…

先輩「2・3匹ぐらいじゃ駄目やろ、それなりの数が必要やで?」

 

…舐められてるゼ…

 

 

 

 

 

 

2月9日 宇佐 夜の海を探検

今夜はメチャクチャ明るいLEDライトを携え、夜のチヌの行動範囲を探りに行った。

湾内に流れ込む河川をライトで照らして廻る。

水深30cm程の所に50cmまでのスズキと35cmまでのチヌやキビレとあまり大きくは無いウナギが泳いでいた。

夏と比べると数や型は劣るが、浅場にも居た。

竿を出してカメジャコを投げ込んでも反応は無かった…

河川から少し離れると、アタリがあったが、ガシラ。


f:id:turikitikun1977:20200209211904j:image

今夜は先日釣り上げた、マハタの刺身があるので食指が働かない。リリース!

クソ寒かったので帰宅した。

f:id:turikitikun1977:20200209211701j:image

マハタは美味しいかと聞かれれば、美味しいと言う他ないが、そんなにスゴくも無かった。

自分は食には拘りは少ないけれど、イトヨリの切身を塩コショウして片栗粉を着けて、揚げた物を天つゆで食べるのが美味しく感じた。

ごちそうさまでした。